vapa2014

ビジュアルアートフォトアワード 2014 受賞

毎年 VA の写真賞は革新的な心との写真撮影の境界を押し続けるカメラマンに名誉を与える。 私達は初心者のカメラマンのためだけでなく、また長い間企業にあったそれらのための創造的なスペースを広げる芸術家を確認する。

会話をスパークさせ、感情に触れ、新たなアイデアのきっかけとなる仕事は、常に認識する価値があります。 すべての業界のクリエイティブが、以前のどの業界よりも調整、適応、改善できるようにします。

写真は、単にカメラを使用して画像をキャプチャすることではありません。 それは言う価値がある魅惑的な物語が探検され、明快さで示される媒体である。 画像や文章の表現とは異なり、画像は静的で独立しています。 それらは感情を換起し、記憶を戻し、どこでも他にどこでも見つけないある特定の重量をそれらと運ぶ。

画像は、そのすべてを 1 つの瞬間で実現します。 スナップショットでは、写真家は再作成できない瞬間を撮影します。 写真は、以前に起こった瞬間のタイムスタンプとして機能します。 私達はそれらを見て、過ぎた時間およびよい古い日を覚えている。

画像がどれほど単純であっても、そのパワーは視聴者の理解によって異なります。 美は、彼らは、けれども私達がすべて同じ肯定的な意見を考慮する普遍的な美があることを見る者の目に、言う。 今年第 12 回ビジュアルアートフォト賞の受賞者は、これまでに見た中で最も魅力的なフォトコレクションの 1 つを作成しました。

ビジュアルフォト賞 2014 受賞者米沢順子

米沢順子は、 1978 年奈良県生まれの写真家です。 2006 年 3 月、大阪映像芸術大学写真学科夜間学科卒業。 彼女は 2010 年から東京に住んでいる。

  • 2004 年 – Mio Photo Encouragement Award ( 現在は Mio Photo Osaka) 受賞者展に選ばれました
  • 2007 年 – Mio Photo Encouragement Award フォトライブラリー・ポートフォリオ・エキシビション
  • 2014 年 – 「赤い糸」で第 12 回ビジュアルアートフォト賞を受賞
  • 同年 12 月から 2015 年春まで、東京、大阪、名古屋、博多で開催される「赤い糸」の個展を見学
  • 2014 年 11 月 写真集「赤糸」(赤茶屋/美術)を出版。

動作します

  • 「 A Thread of Red 」 2013 – 2014
  • 「呼吸スリープ」 2003-2014
  • 「ムーンウサギ」
    • 最初のスクリーニングは 2015 年 9 月 28 日に開始されました
    • 2 回目のスクリーニングは 2015 年 10 月 27 日に開始されました
    • 第 3 回目のスクリーニングは 12 月 1 日に開始されました 2015 年
    • 第 4 回目のスクリーニングは 2015 年 12 月 28 日に開始されました
    • 第 5 回目のスクリーニングは 2016 年 2 月 1 日に開始され、
    • 「ムーンウサギ」も一般公開されます
    • 第 6 回目のスクリーニングは 2016 年 3 月 3 日に開始されました
    • 第 7 回のスクリーニングは 2016 年 4 月 4 日に開始されました
    • 第 8 回スクリーニングは 5 月 10 日に開始されました。 2016 年
    • 第 9 回のスクリーニングは 2016 年 6 月 14 日に開始されました
    • 第 10 回目のスクリーニングは 2016 年 7 月 15 日に開始されました
    • 第 11 回スクリーニングは 2016 年 8 月 23 日に開始されました
  • 「(未定)」 2014 年—
    • 2016 年 9 月 30 日に、ムーンウサギの第 12 回フルバージョンスクリーニングが開始されました。

赤のねじ山

米沢順子

発行者 : AKAAA-SHA

赤の糸は米沢順子の最初で唯一のフォトブックです。 毎日の風景をとらえ、それらを ethereal のような作品に変換します。 この写真集は、第 12 回ビジュアルアート・フォト賞で米沢グランプリを受賞した。 この賞は視覚芸術の大学によって与えられ、報酬として、勝者は本として彼らの賞獲得のコレクションを出版し、視覚芸術の大学の異なったキャンパスそしてギャラリーで一連の展覧会を催すことができる。

2014 年、 AKAAKA はビジュアルアートと協力して本の出版と配布を開始しました

  • 価格:33,300円/30.68米ドル/27.22ユーロ/24.47ポンド
  • ブックサイズ :253 x 284 mm
  • ページ数 :80
  • 結合 : ハードカバー
  • 監督:上田義彦
  • 発行日: 2014 年

赤の糸を賞賛する

「毎日の視野を一瞬だけで通過する精神の世界は、穏やかな感度と視野で逮捕されています。

アーティストのカラープリントが多数プリントされ、その中には、硬い表情が現れます。 米沢順子の「赤い糸」は、単なる言葉の集まりではない本を通して詩のコレクションを見ているようなものでした。」 —森山大道

「並べて並んだ 6 枚の写真が並んでいるだけのように、画像の間のスペースからは、穏やかで柔らかい感覚が広がり、視聴者を魅了しています。 透明な悲しみであり、命と死が何らかの形でモエビウスのストリップに結合しているという感じです。 視聴者は、別のレベルの表現が表面に分断された可能性があるという前提を持っています」 ―伊澤光太郎

受賞歴のある個展スケジュール

  • 2014.12/1-12/12

ビジュアルアートギャラリー東京

詳細は、東京映像芸術写真部 03-3221-0206 までお電話ください。 日曜日と祝日は 11:00 ~ 18:00 まで休業いたします。

  • 2015.1/13-1/24

ビジュアルアートギャラリー大阪

詳細については、大阪市視覚芸術短期大学 06-6341-4407 までお問い合わせください。 ギャラリーは毎日午前 10 時から午後 7 時までオープンしている。(土曜日と日曜日は午後 5 時まで) 展示の最終日の午後 3 時までオープン。

  • 20151/28-2/10.

ビジュアルアートギャラリー名古屋

詳細については、名古屋市 Visual Arts College 052-263-0906 までお問い合わせください。 ギャラリーは 2 月 1 日 10:00 ~ 18:00 、土曜日と日曜日は 16:00 まで閉館となります。 その他の日程では、展示会はゲストが閲覧できる。 展示会の最終日は、ギャラリーは午後 3 時までオープンします。

  • 2015.5/7 – 5/31

九州ビジュアルアートギャラリー

詳しくは、 Vocational School 九州ビジュアルアートギャラリー( 092-474-9233 )までお問い合わせください。 ギャラリーは平日の午前 10 時から午後 6 時までオープンしており、土曜日と日曜日は休館となります。

* 開催時間と休館日は会場によって異なります。 詳細については、各ギャラリーにお問い合わせください。

VA Photo Grand Award 受賞について米沢順子がコメント

写真を撮影し始めてからずっと経っています。 しかし、写真家としての意図を認識したのは最近だけです。

目が覚めたとき、写真家になりたいと思ったんだと思い始めた。 そして、その時代から、世界はより明確になりました。

私は、撮影する世界がとても明確で、見ることができると感じました。 その感情はまだ不透明だが、この賞を受けて確信に転じた。

この賞をいただき、ありがとうございました。 タイトな感じです。

受賞作品に関する審査員のコメント

通常の視野で瞬間を通過する奇妙さを微妙に捕獲する繊細な感覚および視線。 多くの制作者のカラープリントをめくると、はっきりとした、わかりにくい感じがするでしょう。 米沢順子の作品「赤糸」は、言葉では言い表せない詩の本を見たようなものでした。                     

—写真家森山大道

米沢順子の写真に触れて、久しぶりに再び幸せになった。 目に見える画像は、写真で夢を感じた後、心に幸福をもたらした。

小さくて穏やかなものの写真を丁寧に撮影し、日常の風景を求めるためにスピンしました。 控えめなイメージでは、ほとんど詩を見ることができます。

過度の物、過敏、抑圧的な表現を表現する傾向がある日の写真に疲れている(世界はとても悲しいか?) 写真の中で他とは違うと表現しているから。 その間、小さな生き物や小さな風景の中で生きているという現実の感覚を見つけようとした写真家の目に共感しました。

— 写真家上田義彦

それはまだ整理されている 6 つのサイズの映像があり、映像間で敏感な感情の波紋が広がり、視聴者を補充するように見える。 透明な悲しみ。 生命と死が Mobius の指輪のようにどこかにつながっているという感じ。 私は、表現のレベルが今後さらに進むと感じている。

―写真評論家、飯沢光太郎氏

日常生活のかすかな光がそこに反射されている。

写真はカラーであるにもかかわらず、その古さは色として強く現れない。 そして、湿っていて素敵です。

私は私のでき事のあらゆる 1 つに目を保ち、私が大きい心配の映像を取るので、私は視聴者の中心を打ちつける。

私のノスタルジアおよび悲しさは最終的に流れて、私は numb を感じる。

—瀬戸正人(写真家

私の心は豊かな感受性に開く。

私の心では、米沢さんの写真は私の記憶を思い出させる。 想像の世界に引かれる詩歌の単語のように、写真はまた曖昧、視聴者が感じることができる開いた世界は魅力である。

―桃本俊二(写真家)