2013年度 VisualArtsPhotoAward 大賞決定

VA 写真 賞 2013: 写真の芸術

写真撮影の絶妙な技術によって、カメラマンは異なった賞式の彼らの芸術品を展示するために一緒に集まる。 VA Photo Award に参加している写真家にとっては、日本や世界の工芸品で知られるチャンスです。

VA Photo Award では、プロのカメラマンとアマチュアのカメラマンの作品を表彰し、若い観客を刺激して、写真の魅力的な技術に挑戦することを目指します。

ビジュアルアートフォト賞は、 2013 年 12 月 2 日にビジュアルアートギャラリー東京で開催された成功を収めたイベントです。 イベントの前に、 参加者の登録・選考には、東京映像芸術撮影部が割り当てられました。

最終選考に残った 8 作品は次の通りです。

  • 石川隆一著「沖縄肖像
  • 「イビサ」大塚めぐみ
  • 清水晴海の「水骨」
  • 『 ENA 』(長瀬芳樹
  • 飯田純一氏による「 Being の真直さ」
  • 「新規」 文」を参照してください
  • 「現場から独立」石川耕一
  • 中井直さん「 IMEI 」    

裁判官のコメント

森山大道(写真家)

「今年は、多くの優れた作品がありました。 最終的な選択に残った 8 つの仕事のために、主題はすべてでよく表現され、ランク付けすることは困難だった。 カメラマンは彼らの主題を表現の形態に形づける神秘的な技術および考えを所有する。 私が彼らを見つめていると、私は魅了されるようになる」

上田義彦(写真家)

「写真には謎のサインがたくさん付いています。 日本独特の気候の中で人間だけが育てた、本当に神秘的な写真です」と述べています。

飯沢光太郎 ( 写真評論家 )

「超新星の輝きを持つ新来者が登場しました。 写真の力が私を魅了する世界に引き寄せてくれると感じられる。 現代の時代の「メジズメライジングスクール」と呼ばれる創造性を見逃すことはできません。 今後の予定を常に確認していきます。」

正人(写真家)

「世界は暗闇の中で生まれつつあります。 写真が重なっているかどうかに関係なく、現実を見ることができます。 奇妙なモンスターは時の美しか示さないので写真に、しかしないどこでも潜んでいる。 対象とした被写体にぼかしがないことは良いことです。 写真では特異性が重要です。 これらの写真は、内部のイメージとスクリーンネスが混在しているように見えます。」

桃本俊二(写真家)

「参加者は、多くの被写体を撮影して完璧なショットを撮影するのに時間を費やしました。 私はそれらがすべて写真撮影のための彼らの情熱そして才能を示す大きい努力をしたこと言うこと幸せである。 技術の進歩とこの技術を真剣に考えるのは珍しいことです。 多くの新しいカメラは発明され、編集の適用は絶えず使用されるが、それにもかかわらず、これらの有能なカメラマンは彼らの未加工および新しい考えを示したことを確かめる。

2013年度 VisualArtsPhotoAward 大賞決定

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *